輪ゴムとハンガーで滑らないハンガーを作ろう


風の強い日の洗濯で気をつけないといけないのは、服が風で飛んでしまわないかということです。
せっかく干した洗濯物も洗濯ハサミで挟むと痕がついてしまうのが難点なので、なんとかハンガーに干したまま乾かしたいと思うものです。

今回は、ハンガーもずれず、服もずれ落ちず、かんたん便利な裏技を紹介します。

用意するものは、ハンガーと輪ゴム数本。
まず、服のずれ落ちにはハンガーの肩が当たる部分に輪ゴムを巻き付けます。できれば、輪ゴムは2本使用するといいです。

また、ハンガー自体が動いてしまうのを防ぐには、竿にひっかける部分に輪ゴムを巻いておきます。

これで、輪ゴムが滑り止めの役割を果たすので、ハンガーであちこち動いてしまうのを防ぎ、服がハンガーかたずれ落ちてしまうのを防ぐことができます。

ですが、暴風雨の日にはさすがにこれでも、難しいと思うので、使用するのはちょっといつもより風が強いけれど、なんとか外に干したいという日だけにしましょう。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です